コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラディカ ブラディカvladika

1件 の用語解説(ブラディカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラディカ
vladika

モンテネグロの主教君主の称号。本来スラブギリシア正教会の司教,大司教,府主教に与えられた名誉称号。モンテネグロではオスマン帝国に対する民族闘争において政治と宗教が密接に結びついていたため,またツルノイェビッチ朝の君主が国外に居住することが多かったために,1516年同朝が断絶するに及んで世俗権が首都ツェティニェの府主教に移譲された。主教君主は聖職者の集会で選挙され,ペーチの総主教から承認を受けた。 1696年ニェゴシュ朝の祖 P.ダニーロが選出されるとともに世襲制となったが,主教は妻帯を禁じられていたので叔父から甥へという変則的な形がとられた。 1851年ダニーロ1世の改革によって世俗権と宗教権が分離,主教君主制は廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone