コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世襲制 せしゅうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世襲制
せしゅうせい

特定の血統に属する者だけが,特定の地位につくことができる制度一般をさすが,特に統治機構を構成する者の地位に関して問題となる。最高統治者の地位の継承については,世襲制,選挙制,指名制など種々の制度があるが,このなかで世襲制はもっぱら君主国でとられている方式である。なお日本国憲法も皇位の世襲を定めている。しかしまれな場合ではあるが,非君主国においても世襲相続が行われることがある。たとえばクロムウェル共和国の護国卿の地位は世襲相続された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世襲制の関連キーワードウルリーカ・エレオノーラ田辺五兵衛(14代)フィリップ[2世]民主派[オランダ]朝倉敏景十七箇条グスタブ[1世]ベステルオースユーグ・カペーコモン・センスプシェミスル朝グスタフ1世朝倉孝景条々ムアーウィヤバシレウスペタル2世ジャクン族政体循環論田峯の田楽チブチャ族タキシス家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世襲制の関連情報