コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランディング branding

デジタル大辞泉の解説

ブランディング(branding)

顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。ブランドの特徴や競合する企業・製品との違いを明確に提示することで、顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。消費者との信頼関係を深めることで、ブランドの訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。ブランド化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブランディング【branding】

〔原義は「焼き印を入れること」の意〕
経営・販売上の戦略として、ブランドの構築や管理を行うこと。会社・商品・サービスなどについて、他と明確に差別化できる個性(イメージ・信頼感・高級感など)をつくりあげる。 → ブランド

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブランディングの関連キーワードエクスターナル・ブランディンググローバル・プラニング・モデルコンテクスト・ブランディングインターナル・ブランディング仮面ライダーW/ヒートメタルメインランディング(場)プロダクトマーケティングミッションステートメントパーソナルブランディングブランディング戦略の深さクロス・ブランディングブランド・バンドリングブランディング戦略の幅ウォルター・トンプソン共同ブランディングブランディング戦略コ・ブランディング成分ブランディングeブランディングUstream

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブランディングの関連情報