コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリクスダ-ル氷河 ブリクスダ-ルひょうが

1件 の用語解説(ブリクスダ-ル氷河の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブリクスダ-ルひょうが【ブリクスダ-ル氷河】

ノルウェー南西部のヨステダール氷河国立公園内にある氷河。ヨーロッパ最大級の氷河ヨステダール大氷河の支流で、長さ100kmにわたる総面積480km2の氷河である。この氷河には、氷河期からの万年雪によってつくられた厚さ最大400mの氷層がある。先端部では溶け出した氷河がブリクスダール湖をつくり出している。ミネラルウォーターで有名なインヴィクフィヨルドの東端に面した、氷山の町オルデン(Olden)の南西25kmに位置する。ストリン(Stryn)からは約40kmの場所にある。本数は少ないが、ブリクスダール氷河行きのバスが運行している(所要時間約1時間)。レストランや小さなホテル、土産品店や観光案内所があり、ここを起点に氷河ハイキングなどを楽しめる。近年、温暖化の影響で、氷河先端部が毎年10mほどずつ後退しているともいわれる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone