万年雪(読み)まんねんゆき(英語表記)firn; névé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「万年雪」の解説

万年雪
まんねんゆき
firn; névé

冬の降雪量に比べて夏の融雪量のほうが少い場合に一年中残る積雪。極地方やヒマラヤ,南アメリカなどの高山では,年々蓄積された万年雪は融解凍結を繰返して氷河となる。高山では万年雪のできる下方限界を雪線という。日本では富士山立山月山鳥海山などに万年雪があるが,これらはいずれも地形的な条件によってできたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「万年雪」の解説

万年雪
まんねんゆき
perennial snow patch

高山などで、夏にも融(と)けきらずに越年する積雪で、越年性雪渓あるいは多年性雪渓ともよばれる。多くは、雪崩(なだれ)や吹きだまりによって多量の雪が集積しやすい場所に発達する。万年雪の内部には、雪が水の浸透や凍結によって氷化する部分も生じる。

[前野紀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「万年雪」の解説

まんねん‐ゆき【万年雪】

〘名〙 雪線以上の地域にあって、見かけ上、一年中消えない雪。融解や昇華を繰り返すとしだいに氷粒となる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「万年雪」の解説

まんねんゆき【万年雪】

夏の融雪期にとけきらずに残る越年性の氷雪の広がりを指す。山地では雪渓や雪田をつくるので,現在では〈越年性(多年性)雪渓〉と呼ばれることが多い。実際には1年でできるのに,それを“万年”雪と呼ぶのは適切でないからである。降りたての雪(新雪)の密度は0.05~0.15g/cm3くらいであるが,万年雪をつくる雪は,気温の高い昼間にとけ,気温の下がる夜間に再び凍結することを繰り返すうちに氷化し,密度が増大して0.5~0.6g/cm3くらいになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android