コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルゴーニュ戦争 ブルゴーニュせんそうBurgunderkriege; Burgundian Wars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルゴーニュ戦争
ブルゴーニュせんそう
Burgunderkriege; Burgundian Wars

ブルゴーニュのシャルル (豪胆公) スイスとの戦い。 1474~77年フランドル=ブルゴーニュ公国の形成,発展をもくろんだシャルルはスイスの西北辺の領土をも脅かした。スイスはフランス国王と同盟を結んで,シャルルの侵入に対抗し,76年グランゾンとモラー (ムルテン) の2度にわたる戦いに勝利を得た。翌 77年スイス軍はナンシー包囲中のシャルルを攻撃して戦死させ,ブルゴーニュ公国を瓦解させた。これによりスイス歩兵の精強が認められ,スイスは 16世紀初頭一時的に列強の仲間入りをすることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のブルゴーニュ戦争の言及

【スイス】より


[13邦同盟]
 15世紀後半から16世紀初頭にかけてスイスはさらに発展を見る。ブルゴーニュ戦争(1474‐77)ではドイツ,フランス間に中間国家の形成をもくろんだブルゴーニュ公シャルル(豪胆公)を破り,一挙にスイスの存在をヨーロッパに知らしめた。この戦いに功績のあった都市フリブールゾロトゥルンは,それまで〈保護国〉扱いの従属邦であったが,正式の盟約者団の構成者となった。…

※「ブルゴーニュ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルゴーニュ戦争の関連キーワードブルゴーニュ(公家)シュタンスの和約スイス史(年表)ノバラの戦いゾロトゥルンモラーの戦いワルトマンフリブールスイス史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android