コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルハン・ハルドゥン[山] Burkhan Khaldun

1件 の用語解説(ブルハン・ハルドゥン[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブルハン・ハルドゥン[山]【Burkhan Khaldun】

モンゴル族とくにチンギス・ハーンとその子孫が尊崇したと伝える山。オノン川ケルレン川の源流付近にあって森林が豊かで密林状であるというから,ヘンテイ山脈中のタイガ帯にある一峰であろう。モンゴル部の族祖の一人とされるボルテ・チノ(蒼い狼)が来住したと伝えられ,またメルキト部の攻撃を受けたテムジンがこの密林ににげこんで助かった。このときテムジンは毎朝毎日祭り祈ることを誓い,子孫もそうせよとのべたという。ブルハンは仏の意味だという説があるが,別にシャマニズム上のプルハン神をさすとみる説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブルハン・ハルドゥン[山]の言及

【ウリヤンハイ】より

…モンゴル高原とその周辺に居住してきた北方民族。Uriyangkhaiとも書き,兀良哈と漢音訳される。12~13世紀ころにヘンテイ山脈方面からバイカル湖周辺にかけて居住した。狩猟民の森のウリヤンハイと遊牧民のウリヤンハイがおり,その多くは早くからチンギス・ハーンに服属していた。後者の一部のものはブルハン山(ヘンテイ山脈中の一山)に葬られたとされるチンギス・ハーンとその子孫の墓を守ったと伝えられている。…

※「ブルハン・ハルドゥン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone