ブルルトカイ(読み)ぶるるとかい

  • ぶるるとかい / 布倫托海

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区北部の県。中国語で福海(ふっかい)ともいう。イリ・カザフ自治州アルタイ地区に属し、アルタイ山脈の南、ジュンガル盆地北部、ウルングル河の沿岸にある。人口6万5600(2013)。奎北(けいほく)線(クイトゥン―北屯(ほくとん))が通じる。県城の西にはウルングル湖があり、周辺には草原や塩場が発達するため牧畜業が盛んである。ブルルトカイ大尾羊は特産。また湖では漁業も行われる。セメント、製糖などの工場が立地する。

[駒井正一・編集部 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android