コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーキライニング brake lining

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレーキライニング
brake lining

摩擦ブレーキで,ブレーキシューの摩擦面に貼合せるもの。高温でも摩擦係数や耐摩耗性にすぐれた材料を,薄く接着したり,びょう止めする。鉄道車両,自動車,その他過酷な使用条件の場合は次のようなものを用いる。 (1) セミメタリック系ライニング 銅繊維,スチール繊維,フェノール樹脂黒鉛などの混合成形品。摩擦係数 0.3,最高使用温度 300℃以下。 (2) 無機系ライニング ガラス繊維,アラミド繊維,樹脂類,その他モールド成形品。摩擦係数 0.4,最高使用温度 300℃以下。 (3) サーメット系ライニング セラミックス,金属粉末 (銅,鉄その他) ,黒鉛の焼結成形品。摩擦係数 0.5程度以上,最高使用温度 700℃以下。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブレーキライニングの関連キーワード曙ブレーキ工業[株]日本バルカー工業日本ブレーキ工業石綿(いしわた)曙ブレーキ工業日清紡績(株)アスベスト日清紡績石綿症石綿

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android