金属粉末(読み)きんぞくふんまつ(英語表記)metal powder

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくふんまつ【金属粉末 metal powder】

金属粉末とは,大きさが1000μm(1/1000mm)以下の金属粒子の集合体をいう。金属粉末は,他の無機物または有機物の粉末とほぼ同様に,塊状物質にみられない性質,すなわち流動性,混合性,圧縮性,成形性,爆発性,焼結性などを有する。これらの性質は,粉末の成分ばかりでなく,粒子の大きさや形状などに依存して変化する。各種の金属粉末には,これらの性質を利用した独特の用途があるが,現在多量に使われている粉末は鉄粉アルミニウム粉,銅粉などである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金属粉末の関連情報