コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロッキング高気圧 ブロッキングコウキアツ

デジタル大辞泉の解説

ブロッキング‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【ブロッキング高気圧】

中高緯度の対流圏上層でジェット気流が南北に大きく蛇行した状態が継続するブロッキング現象が発生したときに形成される停滞性の背の高い高気圧温帯低気圧移動性高気圧の動きが妨げられ、異常気象をもたらすことがある。日本では梅雨時オホーツク海で形成される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブロッキングこうきあつ【ブロッキング高気圧】

ブロッキングによってできる高気圧。背が高く圏界面にまで達するのが特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロッキング高気圧
ぶろっきんぐこうきあつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブロッキング高気圧の関連キーワードブロッキング(天気)切離高気圧大洋高気圧天気予報偏西風圏界面冷夏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android