ブロッキング高気圧(読み)ブロッキングコウキアツ

デジタル大辞泉の解説

ブロッキング‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【ブロッキング高気圧】

中高緯度の対流圏上層でジェット気流が南北に大きく蛇行した状態が継続するブロッキング現象が発生したときに形成される停滞性の背の高い高気圧温帯低気圧移動性高気圧の動きが妨げられ、異常気象をもたらすことがある。日本では梅雨時オホーツク海で形成される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブロッキングこうきあつ【ブロッキング高気圧】

ブロッキングによってできる高気圧。背が高く圏界面にまで達するのが特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブロッキング高気圧の関連情報