コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高気圧 こうきあつanticyclone; high

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高気圧
こうきあつ
anticyclone; high

周囲より気圧が高く,閉じた等圧線で囲まれたところ。まわりの気圧によって相対的に決まる。高気圧域内から,北半球では時計回り,南半球では反時計回りで風が吹き出している。高気圧域内では風は一般に弱く,下降気流のため雲が少なくて天気がよい。高気圧を原因や構造から分類すると (1) 背の高い高気圧,(2) 背の低い高気圧の二つに分けられる。すなわち,地表近くでは周囲に風が吹き出しているにもかかわらず,上空に収束があって気柱全体として相対的に高気圧が維持されている背の高い高気圧と,赤外放射冷却その他の原因によって地表近くに冷たい空気がたまり,その重さによって高気圧が維持されている背の低い高気圧がある。高気圧の成因には上の二つが重なっていることもある。また,高気圧はそれらの出現,移動形態などから (1) 定常的に現れる大高気圧,(2) 移動性高気圧,(3) 地形性高気圧などにも分類できる。(→低気圧

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

高気圧

天気図上で気圧が周囲より高く、閉じた等圧線で囲まれた領域。高気圧圏内は下降気流であるから雲ができず、天気がよい。閉じなくても周囲より気圧が高い気圧の嶺は、似た性質。背の高い高気圧は上空5km以上まで及ぶほど大規模で、動きは遅くて上空まで暖かく、温暖高気圧と呼ばれる。代表的なものは緯度20〜30度付近に中心を持つ亜熱帯高気圧で、夏の日本の天気を支配する太平洋高気圧はその一部。太平洋高気圧は、中心がハワイ諸島の北の東太平洋上にあり、その一部で小笠原諸島付近に中心を持つものが小笠原高気圧。梅雨時に現れるオホーツク海高気圧は、オホーツク海や千島付近の冷たい海面の影響を受けて、下層は寒冷だが、上空は温暖で背が高い。夏にチベット高原上空に現れるチベット高気圧は、地上は低気圧だが、上空は背の高い温暖高気圧で、猛暑の夏は西日本に張り出す。下層に寒冷な空気がたまってできる背の低い高気圧は寒冷高気圧で、代表的なものに冬の日本の天気を支配するシベリア高気圧がある。移動性高気圧は移動する高気圧で、春、秋に多く現れる。帯状高気圧は、長く東西に帯状に広がる高気圧で春、秋に多く現れ、持続的な晴天をもたらす。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐きあつ〔カウ‐〕【高気圧】

周囲よりも気圧の高い所。天気図上では、閉じた等圧線に囲まれた気圧の高い所。高気圧の域内では、風は、北半球で時計回りに、南半球で反時計回りに吹く。一般に天気がよい。寒冷高気圧温暖高気圧とがある。→低気圧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高気圧【こうきあつ】

周囲よりも気圧の高い領域。高気圧は北(南)半球では時計(反時計)回りに周囲に吹き出す風系で,吹き出していく空気を補うために上空の空気が下降気流となって降りてくる。
→関連項目移動性高気圧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

パラグライダー用語辞典の解説

高気圧

英語ではhigh pressureと表現し、その名の通り気圧の高い所を言う。幾つ以上という絶対値はない。周りの気圧配置により変わってくる。例えば、夏、1010hPa(ヘクトパスカル)で高気圧と呼んでいても、空気密度の高い冬には、同じ値の低気圧が存在するしかし、高気圧が低気圧に、或いは低気圧が高気圧に性格そのものが変化するという意味ではない。我々パラフライヤーにとって絶対値よりも、「日本上空に、等圧線が何本あるか?」その数に興味がある。一般的には等圧線は4hPaごとに引かれており、その本数が多いほど気圧配置による風は強い。例えば、日本列島に7本以上の等圧線が引かれれば、風は強く、3本以下では弱くなる。気圧配置の風が弱い場合、季節風の影響は少なくなり、陸風・海風など局地的な風が支配的となり、多くの日本のエリアではフライト可能となる。高気圧に人間が立ち、低気圧を見た場合、北半球では右手の方向に気流(風)は流れ出る。迷った場合には、西高東低の冬型の気圧配置を思い出してほしい。風は北西で、西の高気圧より流れ出て、東の低気圧に吸い込んでいる。風は上空では等圧線沿いに流れているが、地上付近では若干、方向を高気圧の中心部、或いは低気圧の中心に向かいずれる。(等圧線や季節でもちがうが、概ね30度くらい。)これは、地上では山あり谷あり、民家やビルなどが有り、摩擦抵抗が多い為に、回転する速度が弱められ、そのまま気圧の高い所から低い所に吹きやすい為である。この低気圧や高気圧が「どの位の速さでどの方角へすすんでいくか?」は高層天気図を考察して予想するのであるが、専門家でなければ、最近は不必要かもしれない。・・と言うのは最近はシロウトが解析するよりも、コンピュータによる予想天気図の精度がよくなったうえ、低気圧・高気圧の予想進路や予想速度も天気図に表していたりする。天気予報では補足説明もある。低気圧はサーマルとよく似たメカニズムである為に知られているが、高気圧の発生メカニズムを説明できない人が多い。高気圧もやはり太陽の照射により発生する。太陽の照射により軽くなった空気は上昇循環を始め、重たい空気は横に避けられる。これが低気圧である。逆に、軽くなった空気を押しのけようと上にある重たい空気が下にさがってくる循環が高気圧である。空気は下に来るにしたがい温まり、密度が濃くなり、飽和水蒸気の値が高くなる。この為、高気圧では天気が良くなり、低気圧は雨や曇りなど天気が悪くなる。人工衛星から見た雲の写真を重ね合わせるとよく判る。季節風や雨季など、おおよそ地球上の気象現象は、太陽の照射と照射の差により生まれているのであるが、高気圧・低気圧の発生メカニズムはその基本となるので是非、覚えておきたい。関連用語  低気圧・等圧線

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきあつ【高気圧 anticyclone】

気圧分布を描くと,周囲よりも気圧の高い領域がいくつか現れる。これらは高圧域と総称される。高気圧と呼ぶものは,次のようにより限定されたものを指す。閉じた等圧線でかこまれ,中心ほど気圧が高い領域では下層大気の気流が周囲に向かって流れ出す。この気流はコリオリの力を受けるので,北半球では時計回り,南半球では反時計回りの循環をもつ風系ができる。このようなある大きさの組織的な構造が2日から10日以上持続するものが高気圧である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきあつ【高気圧】

気圧が高いこと。
天気図上で、閉じた等圧線に囲まれて周囲よりも気圧の高い領域。中心から北半球では時計回りに、南半球では反時計回りに風が吹き出している。一般に高気圧の圏内は好天となる。寒冷高気圧・温暖高気圧がある。 ↔ 低気圧

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高気圧
こうきあつ

同一高度面で、周囲に比べて気圧の高い区域を高気圧、低い区域を低気圧という。この場合の気圧の高低は相対的なものであるから、何ヘクトパスカル以上が高気圧、以下が低気圧という定めはない。周囲の状況により、中心気圧が1020ヘクトパスカルの低気圧もあれば、1010ヘクトパスカルの高気圧もありうる。これは、たとえば同じ800メートルの高さが関東平野では山になり、アルプス山中では谷や盆地になるのに似ている。
 天気図上では高気圧は何本もの閉じたほぼ楕円(だえん)形の等圧線に囲まれており、内側の等圧線ほど示度が高くなっている。高気圧域内の空気は、その等圧線を横切って中心部から周囲に向かい時計回りに渦を巻きながら吹き出す。このため中心部の地表付近では空気量の減少がおこり、それを補うように下降気流が生じる。この下降気流により、高気圧域内では雲は形成されにくく、すでにできていた雲も消散して、一般に晴天が卓越する。高気圧の上空では下降気流を補うように周囲から空気が吹き込むなど、空気量の増大がおこっている。この空気量の増大は、冷たく重い空気層が域内で形成されたり、域内に移動してくることによっても行われる。そして、そのような空気量の増大が、下層の空気量の減少を上回ると、域内の下層の気圧が高くなって高気圧は発達し、逆ならば衰弱する。通常、高気圧という場合は、単に形式的な気圧分布をさすのではなく、前述のような風系と、その維持機構や天気分布などの全体像をさすことが多い。
 低気圧に比べると高気圧域内では気圧傾度が緩く、とくに中心近くでは風が弱く風向は不定で、高気圧としての風系の特徴(時計回りの渦巻状の吹き出し)は、周辺部の風の分布によく現れている。[倉嶋 厚・青木 孝]

種類

高気圧は構造や動きなどによって、次のように、さまざまに分類される。
(1)温暖高気圧と寒冷高気圧 高気圧域内の気温が周囲よりも高い高気圧を温暖高気圧、周囲よりも低いものを寒冷高気圧という。
(2)背の高い高気圧と背の低い高気圧 上空へいくほど高気圧の形が明瞭(めいりょう)になり、対流圏の中部より上空(5~10キロメートルまたはそれ以上)でも高気圧であるような場合、これを「背の高い高気圧」という。逆に、上空へいくほど高気圧の形が不明瞭になり、ある高さ(通常約3キロメートル)以上になると低気圧や気圧の谷になってしまう高気圧を「背の低い高気圧」という。一般に温暖高気圧は「背の高い高気圧」、寒冷高気圧は「背の低い高気圧」である。温暖高気圧では、地上気圧の増大をおこす機構は対流圏上部にあり、温暖部分は下降気流によって形成される。一方、寒冷高気圧においては、地上気圧の増大は、地表から3キロメートルぐらいの厚さの寒冷気団の重さによって維持されている、とみなすことができる。
(3)移動性高気圧と停滞性高気圧 ほぼ同じ方向に比較的規則正しく動くものを移動性高気圧といい、これに対し、ほぼ同じ地域を数日から数週間にわたって覆うものを停滞性高気圧または定常高気圧という。移動性高気圧は、上空の偏西風波動とともに中緯度帯を東進するものが多く、その東半分の上空には偏西風波動の気圧の谷が存在し、したがって背の低い寒冷高気圧型の構造をもっている。一方、西半分の上空には偏西風波動の気圧の尾根があり、背の高い温暖高気圧型の構造となっている。移動性高気圧は先行および後続の低気圧とともに、図Aにモデル的に示すような天気分布をつくりだすことが多い。この図からわかるように、移動性高気圧が、ある地点に対して南偏して通るときは(A地点の場合)、その地点では晴天期間が長いのに対し、北偏して通るときは(B地点の場合)、その地点の晴天は長続きせず、すぐに曇天または雨天域に入ってしまう。移動性高気圧の前半分(とくに北東部分)では、寒気団が流入しているうえに、晴天で夜間の放射冷却が強まるため、春や秋には、農作物に晩霜(おそじも)や早霜(はやじも)の害がおこりやすい。また移動性高気圧の後面の薄曇りの部分では、「日がさ」「月がさ」が現れたり、春の風景に特有といわれる「おぼろ月」になったりする。そして、図Aのような天気分布が全体として東へ移動するので、天気変化に周期性が現れる。
 停滞性高気圧の代表としては亜熱帯高気圧(小笠原(おがさわら)高気圧など)をあげることができる(図B)。これは亜熱帯と赤道方面との間の大気大循環によって形成される背の高い温暖高気圧である。シベリア高気圧で代表される大陸高気圧もまた停滞性高気圧である(図C)。これは海陸分布や大地形(チベット・ヒマラヤ山塊、ロッキー山脈など)の影響によって上空の偏西風帯に現れる停滞性の波長の長い偏西風波動と、寒候期の大陸の地面の放射冷却によってつくられる寒気団とによって、大陸上に形成される大きな高気圧で、構造的には、その東半分が背の低い寒冷高気圧、西半分が背の高い、相対的に温暖な高気圧になっている。停滞性の高気圧圏内では、大気は比較的長期間、大陸または海洋に接しているため、性質が広範囲にわたってほぼ一様になり、気団が形成される。また、停滞性の高気圧圏内では、風が弱い晴天の日が続き、地表面付近の大気が滞留し、地表面近くに気温の逆転層ができて拡散現象が弱まるため、汚染源のある地域では、大気汚染が深刻化することがある。
(4)ブロッキング高気圧 上空の偏西風波動が停滞性となり、その振幅が大きくなって、波が不安定化すると、北に偏西風の帯から切り離された温暖な切離高気圧、南に寒冷な切離低気圧が形成される(図D)。このような場合には、上空の切離高気圧の下にある地上の高気圧も、著しく停滞性となり、後続する移動性の高気圧や低気圧の動きを止めてしまう。その結果、晴天の所では、それが長続きして、ときには干魃(かんばつ)になり、逆に雨天の所は長雨となり、さらに南北の気団が大規模に入り乱れるため、異常寒波や異常熱波がおこることが多い。このような現象をブロッキングといい、上空の切離高気圧や、その下の地上高気圧をブロッキング高気圧とよぶ。ブロッキング高気圧は背の高い温暖型の停滞性高気圧である。梅雨期によく現れるオホーツク海高気圧は、その上空が、振幅を増大して停滞性となった偏西風波動の気圧の尾根または切離高気圧となっていることが多く、ブロッキング高気圧の性格が強い。
(5)チベット高気圧 チベット高原上の対流圏上部(8~15キロメートル)に夏季に現れる高気圧を、とくにチベット高気圧という。これはチベット・ヒマラヤ山塊が、夏季、強い日射により熱せられて、上空の空気を暖めることによって形成される。熱せられた気柱は上方に伸張する。そして上空の特定の高度面について考えると、気柱が上方に伸張した区域では、その面より上の大気の全重量が増大することになる。そのときの増加分が、その面のその区域に高気圧を形成するのである。チベット高気圧の消長は、日本の梅雨、夏の干魃、冷害、東南アジアの雨期の形成などに深い関係があると考えられている。
(6)局地高気圧 内陸部の盆地では、夜間、放射冷却によって形成された寒気がたまるため、盆地内の気圧が周囲より高くなり、小さな局地的高気圧ができる。日中は逆に、盆地内の空気がとくに暖められるので、局地的低気圧に変わることが多い。
(7)雷雨高気圧 雷雲の下に形成される寒気の重さによってできる局地的高気圧。雷雲の通過前後に感じる涼風は、この高気圧から吹き出してくる。雷雲の通過した地点の気圧曲線に現れる「雷雨の鼻」とよばれる突起は、雷雨高気圧の通過を示すものである。[倉嶋 厚・青木 孝]
『福地章著『海洋気象講座』(1994・成山堂書店) ▽丸山健人・水野量・村松照男著『新版地学教育講座14 大気とその運動』(1995・東海大学出版会) ▽福谷恒男著『海洋気象のABC』(1997・成山堂書店) ▽白木正規著『百万人の天気教室』(2007・成山堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高気圧の関連キーワードブロッキング高気圧ブロッキング現象アゾレス高気圧ダブル高気圧シベリア気団中緯度高圧帯ブロッキング亜熱帯高圧帯切離高気圧気圧の尾根コリオリ極偏東風気圧分布北極振動中心示度梅雨前線リッジ暑夏冷夏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高気圧の関連情報