コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラター プラターPrater

翻訳|Prater

世界の観光地名がわかる事典の解説

プラター【プラター】
Prater

オーストリアの首都ウィーンのドナウ川とドナウ運河にはさまれた広大な公園。「プラターの森」と呼ばれ親しまれている。ここは皇帝の一族ハプスブルク家の狩猟場だったところで、今から200年以上前に、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世(マリー・アントワネットの兄)により、シェーンブルン宮殿やアウガルテン宮殿の庭園などとともに、市民に開放された。これにより市民の憩いの場になり、露店や屋台が集まるようになり、やがて遊園地ができた。この遊園地のシンボルが、およそ100年前につくられたヨーロッパ最古のものの一つとされる高さ65mの大観覧車(Riesenrad)で、映画『第三の男』に登場した。このほか、園内には、ミニ列車、プラネタリウム、サイクリングコースなどがある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

プラターの関連キーワードワットプラタートドーイコンムーリオ・プラターノ自然保護区ヨハンカムペーンペット歴史公園グレイト・プリテンダーワットドーイステープジャック ワルラスカーカティーヤ朝パルターブガル煙が目にしみるオンリー・ユーA. ピアソラチャタルプルオーストリアプーピン宮殿ラムプーンランプーンチエンマイナーン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android