コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラトゥーン・プラン Platoon plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラトゥーン・プラン
Platoon plan

小隊方式。 20世紀初期にアメリカのデトロイトを中心に展開された教育改造運動。子供を小集団 (プラトゥーン=小隊) に分け,特別教室と普通教室で交互に学習させることにより,校舎や教室の利用度を高めようとするもの。 S.ハートウェルがゲーリー・システムを参考に,校舎の効率的利用,教育の社会化,学科担任制と教科担任制の併合などを目的に,ミシガン州のカラマズーで試みた実験の報告書『過密学校とプラトゥーン・プラン』 Overcrowded Schools and Platoon Plan (1915) が契機となって広範囲に実施された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android