コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラノムラル planomural

1件 の用語解説(プラノムラルの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

プラノムラル

結晶質のモザイクで結晶の境界面に用いる.この接頭語を用いることで平面的な結晶粒間の境界の比率を示すことができる.すべての界面が面的である場合はtotiplanomuralといい,大部分が面的である場合はmultiplanomural,半分程度が面である場合はsemiplanomural,面がわずかの場合はminiplanomural,面がない場合はnulliplanomuralという[Bathurst : 1971].ラテン語planusは平ら,murusは壁の意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラノムラルの関連キーワード結晶質半晶質パウロ結晶質微結晶質メソ結晶質マイクロスパー魚卵状チャート多形構造潜晶質晶質晶子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone