コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリタネイオン プリタネイオンPrytaneion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリタネイオン
Prytaneion

古代ギリシア諸都市にあった公共の建物。の女神ヘスティアに捧げられ,建物間の炉に永遠の火がともされ,新たに植民市 (アポイキア ) を建てる場合,その炉から火を分けた。国家の中心として,評議員 (プリタネイス) の執務,集会,外国使節の供応などに使われた。また武勲者や戦死者遺族,あるいはオリュンピア競技の優勝者など,国家に対して功績のあった者がここにおいて公の供応を受け,ここでの食事は非常な名誉とされていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android