コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリンススカイライン2000GT S54型

1件 の用語解説(プリンススカイライン2000GT S54型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

プリンススカイライン2000GT S54型

1964年にスカイラインGTが発売された。この車は第一回日本グランプリの反省から、第二回日本グランプリには全社的総力を上げて取り組むこととした。当時GTカーの公認を取得するには同一車種を100台以上生産しなければならないという条件があったため、大急ぎで生産することになった。こうして生まれたのがプリンススカイラインGT(S54A-1)である。こうして出場したGT-IIレースでは一時ポルシェ904をリードし、大観衆を喜ばせた。標準仕様の105psエンジン(A仕様)にウエーバーキャブレターを付けたB仕様は125psとなり、翌65年B仕様を標準とした『スカイライン2000GT』(後2000GT-B)が発売された。右車は第二回日本グランプリで2位に入賞した39号車。保管場所日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
製作(製造)年1964
製作者(社)プリンス自動車工業株式会社
資料の種類その他
現状保存・非公開
車名プリンス スカイライン2000GT
モデル名S54型
会社名プリンス自動車工業(株)
製作開始年1964
車種・用途乗用車
実車所在/模型日産自動車・座間
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員5名
車両重量1,070kg
バンパースチール
ステップなし
全長4,255mm
全幅1,495mm
全高1,410mm
タイヤサイズ゙5.60-13-6
フレームユニットコンストラクション
前軸ウイッシュボーン、ボールジョイント式
後軸半浮動式
軸距2,590mm
前トレッドx後トレッド1265×1255mm
車高調整なし
ステアリングリサキュレーティングボール
ダンパー筒型複動式
スタビライザー前トーションバー式
走行安定装置なし
原動機名G7型
冷却/気筒配列水冷/直6
弁機構OHC
気化器3連装ウエーバー
内径x行程75×75mm
排気量1,988cc
最高出力/回転数125ps/5600rpm
最大トルク/回転数17.0kgm/4400rpm
燃料タンク容量50L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4速
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献1)『日産自動車社史(1964-1973)』日産自動車、1975年 2)『日本の名車100台』立風書房 3)国産自動車諸元表1965
その他事項前照灯:4灯シールドビーム式;ワイパー:あり;足ブレーキ:油圧式4輪制動;手ブレーキ:機械式後2輪制動;最終減速:4.444;最高速度:180km/h;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリンススカイライン2000GT S54型の関連キーワードアイラインスカイライトスカイラインスカイサインスカイシャインスカイプインスカイライトフィルターバイラインフライライン家族保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone