コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反省 ハンセイ

デジタル大辞泉の解説

はん‐せい【反省】

[名](スル)
自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。「常に反省を怠らない」「一日の行動を反省してみる」
自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。「反省の色が見られない」「誤ちを素直に反省する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんせい【反省】

( 名 ) スル
振り返って考えること。過去の自分の言動やありかたに間違いがなかったかどうかよく考えること。 「自らの行為を-する」 「 -の色が見えない」 「 -を促す」
〘哲・心〙 〔reflexion〕 注意・感覚・思考など、意識の作用を自分の内面、自己自身に向けること。何らかの目的や基準に照らしつつ行われる判断であり、普遍原理の窮極的把握そのものとは区別されることが多い。ヘーゲルがカント・フィヒテなどの哲学を、現実の具体性にいまだ媒介されていない抽象的な内省、理性に至らぬ悟性的思惟による反省哲学と呼んだのはその意味による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反省
はんせい
reflection

ラテン語レフレクシオreflexio(曲がり戻ること)に由来し、光に関しては反射を意味する。一般に思惟(しい)が直接に対象にかかわるのではなく、そこから自己へと立ち返り、思惟作用そのものを対象とすることをいう。スコラ哲学での第二志向は反省に対応している。ロックは外的可感的事物にかかわる感覚と、心の内的作用についての反省とを区別し、この二つがすべての知識の源泉であるとした。以上の反省概念が意識の次元であるのに対し、ヘーゲルにおいては「他在から自己自身への反省(還帰)」が存在の次元で考えられている。哲学が事象そのものの探究であると同時に、探究それ自身、すなわち自己自身を問い直す営みである限り、自己へと還帰する反省をけっして欠きえないであろう。[細川亮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

反省の関連キーワード慰安婦問題や歴史認識に関する談話人のふり見て我がふり直せ天を怨みず人を尤めず人を怨むより身を怨め悔い改める・悔改める戦後50年国会決議村山談話と河野談話失敗は成功のもと根性を入れ替える心を入れ替える麻田駒之助休むも相場ヘーゲル純粋経験桜井義肇販売日報悔改める歴史哲学自照文学中央公論

反省の関連情報