コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロペルチウス プロペルチウスPropertius, Sextus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロペルチウス
Propertius, Sextus

[生]前50頃.アッシシウム
[没]前15頃
ローマのエレゲイア詩人。幼時に父を失い,前 40年の土地徴発の際に地所を没収され,ローマに出て法律の専門教育を受けたが,恋愛と詩歌が彼の進路を変えた。詩のなかでキュンチアと呼ばれる女性が彼の心を占領して,『エレゲイア集』 Elegiae (4巻) の中心主題となる。ほとんど愛の詩ばかりから成る第1巻が世に出てから彼の評判は高まり,アウグスツス帝の寵臣マエケナスの文人サークルに迎えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プロペルチウスの関連キーワードアウグスツス時代の文学クネーベルガルス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android