コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロペルチウス Propertius, Sextus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロペルチウス
Propertius, Sextus

[生]前50頃.アッシシウム
[没]前15頃
ローマのエレゲイア詩人。幼時に父を失い,前 40年の土地徴発の際に地所を没収され,ローマに出て法律の専門教育を受けたが,恋愛と詩歌が彼の進路を変えた。詩のなかでキュンチアと呼ばれる女性が彼の心を占領して,『エレゲイア集』 Elegiae (4巻) の中心主題となる。ほとんど愛の詩ばかりから成る第1巻が世に出てから彼の評判は高まり,アウグスツス帝の寵臣マエケナスの文人サークルに迎えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プロペルチウスの関連キーワードアウグスツス時代の文学クネーベルガルス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android