コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘカトンピュロス Hekatompylos

世界大百科事典 第2版の解説

ヘカトンピュロス【Hekatompylos】

パルティア王国の都で,その名はギリシア語で〈百門の都市〉の意。エルブルズ山脈の南麓を通過する古代の東西交通路の要衝にあった。セレウコス1世がヘレニズム都市として再建し,パルティア王国が成立すると,ニサからここに首都が移された。1967年,イギリス隊はダムガンの西32kmにあるシャフリ・クミース(シャフル・イ・クミース)Shahr‐i Qumīsを発掘してヘカトンピュロス遺跡に比定したが,それを証明する文字資料はまだ出土していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘカトンピュロスの言及

【パルティア】より

… 初期の王都ニサは,第2次大戦後ソ連考古学者の発掘によって発見され,〈ニサ文書〉の出土によって有名である。その後,首都はヘカトンピュロス,バビロニア征服後はクテシフォンに移された。セレウキアとスーサはギリシア系都市として存続した。…

※「ヘカトンピュロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘカトンピュロスの関連キーワードシャフリ・クミース

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android