ヘシカズム(英語表記)Hesychasm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘシカズム
Hesychasm

東方キリスト教会 (正教会) における神秘的修道思想およびその実践。絶え間ない祈りによって神を黙想し,それによって聖なる静寂 hēsychiaに達しようとした。その方法として身体をも整えることを重視し,不動のまま身体の中心を注視し各呼吸が祈りとなりイエスを思い起すよう修行した。 13世紀後半から体系化され,14世紀にアソス山修道院を通してビザンチン帝国で栄えたが,反対も強かった。同院の修道士でのちのテッサロニカ大主教グレゴリオス・パラマスはこの運動を擁護し,清められた人間の眼はかつてのタボル山でのイエスの変容のときの弟子たちと同じように神的光を見ることができるとした。これは正教会から承認され,運動は現在まで,特にロシア正教徒のなかに生残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android