コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘシカズム ヘシカズムHesychasm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘシカズム
Hesychasm

東方キリスト教会 (正教会) における神秘的修道思想およびその実践。絶え間ない祈りによって神を黙想し,それによって聖なる静寂 hēsychiaに達しようとした。その方法として身体をも整えることを重視し,不動のまま身体の中心を注視し各呼吸が祈りとなりイエスを思い起すよう修行した。 13世紀後半から体系化され,14世紀にアソス山修道院を通してビザンチン帝国で栄えたが,反対も強かった。同院の修道士でのちのテッサロニカ大主教グレゴリオス・パラマスはこの運動を擁護し,清められた人間の眼はかつてのタボル山でのイエスの変容のときの弟子たちと同じように神的光を見ることができるとした。これは正教会から承認され,運動は現在まで,特にロシア正教徒のなかに生残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘシカズムの関連キーワードシメオン[ストゥディオス]アキンデュノスブルガリア文学フィロカリアグレゴラスカバシラス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android