ヘタシリンカリウム(英語表記)potassium hetacillin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘタシリンカリウム
potassium hetacillin

広域性の合成ペニシリンである。同系のアンピシリンと同様の作用をもつ。抗菌スペクトルはグラム陽性および陰性菌に有効で,特にインフルエンザ菌大腸菌に対して用いられる。ペニシリン耐性ブドウ球菌には作用せず,ペニシリナーゼによって分解されてしまうが,に抵抗性があるため経口投与が可能である。作用機序は細胞壁の合成阻害による。副作用もアンピシリンと同様で皮疹,胃腸障害,発熱などがあり,まれにアナフィラキシー様症状を起す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android