コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘテロドントサウルス Heterodontosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘテロドントサウルス
Heterodontosaurus

爬虫類鳥盤目鳥脚亜目の小型恐竜。ヒプシロフォドン科,もしくは独立したヘテロドントサウルス科と目される。ジュラ紀前期,アフリカに生息した。体長約 1m。恐竜には珍しく歯が分化し,鋭い前歯,犬歯,幅広い稜をもつ頬歯の3種類の歯をもつ。前歯は葉片を切離し,犬歯は茎を切り,頬歯は食物をすりつぶした。雌には犬歯はない。活動的で背骨の両脇が細長い棒状の骨で強化され,尾をまっすぐに保ちながら後肢で走ることができたらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ヘテロドントサウルス

ジュラ期前期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜。全長約1メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ヘテロドントサウルスの関連キーワードエウオルニソポッド類

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android