後肢(読み)こうし

精選版 日本国語大辞典「後肢」の解説

こう‐し【後肢】

〘名〙 後方のあし。うしろあし。後脚
(イ) 昆虫類にある最後方の一対の歩で、後胸から生じている。前脚や中脚より長いのがふつう。バッタなどでは特に発達し、跳躍肢となる。〔日本昆虫学(1898)〕
(ロ) 脊椎動物の四本のあしのうち後方の一対。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉二「前肢は短くして後肢は長し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後肢の言及

【手】より

…体肢はまた四肢ともいい,上肢upper limbと下肢lower limbに分けられる。動物でいえば前肢と後肢である。上肢と体幹との境界は,体表からいうと三角筋の起始をなす線(鎖骨―肩峰―肩甲棘(きよく))であるが,骨格から見ると肩甲骨と鎖骨は全部広義の上肢のうちに加えられる。…

※「後肢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android