ヘトマン(英語表記)hetman; ataman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘトマン
hetman; ataman

アタマンとも呼ばれる。チェコ,ポーランド,ウクライナなどの軍隊長。ドイツ語のハウプトマン Hauptmannに由来する語。ロシア語ではゲトマン。ウクライナでは,16~17世紀,いわゆる登録コサックの,次いでザポロージエ・コサックの首領をいい,当初は選挙によって選ばれていた。 1708年からはツァーリ政府によってその地方の軍事ならびに行政の長として任命されるようになり,64年に廃止された。ステンカ・ラージンらの農民反乱の長もヘトマンと呼ばれた。ロシア革命後の国内戦の時代 (1918~20) には反革命の首領もヘトマンを自称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヘトマンの言及

【アタマン】より

…はじめは各コサック集団の集会(クルーク)で普通任期1年で選ばれ,コサックの自治と民主制を象徴する存在であったが,のちには政府が任命した。ウクライナのコサックの首長でウクライナの自治を代表したヘトマンhetman(ロシア語でゲトマン)も18世紀に廃された。1827年ロシア皇太子が全コサック軍団を統率するアタマンになった。…

【ウクライナ】より

…このためドニエプル右岸はポーランド領に,左岸(ただしキエフを含む)はロシア領となった。ロシア領となった左岸ウクライナには〈ヘトマンシチナ〉と呼ばれるウクライナ・コサックによる自治国家が18世紀後半まで約1世紀間存続することになる。このヘトマン国家はコサックの頭領ヘトマン(ロシア語ではゲトマン)を長とし,財政,外交,法律,軍事などの閣僚がヘトマンを補佐して政府を構成していた。…

【ザモイスキ】より

…また対ロシア戦争(イワン4世がリボニアに進出してきた)の戦費調達を目的とした課税や王領地の農民を動員した歩兵隊,コサック騎兵隊,砲兵隊,工兵隊,フサリアhusariaと呼ばれた重装騎兵隊などの新設をセイムに認めさせるのも,シュラフタのあいだで人気があったザモイスキの役割であった。79‐82年の対ロシア戦争でザモイスキは指揮官としての功績を認められ,81年に王国軍司令官(ヘトマン。形式的には傭兵軍のみの指揮官であったが,騎士動員が有名無実化していたため事実上の全軍の司令官)の地位も占めることになった。…

※「ヘトマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android