コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反革命 はんかくめい counter-revolution

6件 の用語解説(反革命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反革命
はんかくめい
counter-revolution

革命や革命運動によって倒された旧支配層が急激かつ暴力的に旧体制を復活しようとする運動をいう。反革命の主体となるのは,ブルジョア革命の場合は封建勢力であり (ブルボン王朝王政復古など) ,プロレタリア革命の場合はブルジョアジー,プチ・ブル,官僚層などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はん‐かくめい【反革命】

革命の過程または革命後に、これをくつがえして旧体制に戻そうとする運動。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

反革命【はんかくめい】

革命実現後,これに敵対する反動勢力が旧体制復活のため行う運動。その主体となるのは,ブルジョア革命では封建貴族,聖職者などの絶対主義勢力,プロレタリア革命ではブルジョアジーなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんかくめい【反革命 counter‐revolution】

革命に反対する運動であり,狭義には,革命によって打倒された旧体制が復古をはかる場合をいうが,広義には,現に政権を握っている勢力が革命勢力の勃興を妨げるために諸措置を講じる場合をもいう。前者の成功例では,イギリスピューリタン革命に対するチャールズ2世の復活による王政復古(1660),フランス革命後のブルボン王朝の復活(王政復古,1814),ドイツ三月革命に際して生まれたフランクフルト憲法議会の弾圧(1849),ブルジョア政府軍によるパリ・コミューンの弾圧(1871),ハンガリーのベーラ・クン革命政権の打倒(1919)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんかくめい【反革命】

革命で実現した新体制を覆して、再びもとの体制に戻そうとする運動。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反革命
はんかくめい
counter-revolution

革命に反対する運動・勢力、ないしこの運動・勢力による旧体制の復活のこと。反革命ということばは、フランス大革命のさなか、1790年にダントンによって初めて使用されたといわれる。1792年、国民公会に提出されたルイ16世の起訴理由のなかで、王は「パリにおいて、特殊団体をして自らの反革命的計画に有用な種々の活動を遂行させた」と言及され、93年のジャコバン派回状にも「反革命派は、政府のなかに、国民公会のなかにいる」と用いられて、以後、政治用語として定着していった。反動・反動派ということばは、やや遅れて1795、96年に現れたという。
 反革命勢力は、革命過程に現れる急進派・穏健派・保守反動派のうちの保守反動派とほぼ同義であり、フランス革命のようなブルジョア民主主義革命においては、旧絶対王政下の僧侶(そうりょ)・貴族・官僚層などが中心となる。ロシア革命のようなプロレタリア社会主義革命の場合には、反動的ブルジョアジーのほかに、ツァーリ専制下で栄華を極めた旧貴族・地主層も含まれていた。また、こうした国内に残存する旧支配階級とその支持者のほかに、革命過程での国外亡命者たち、革命の国際的波及を恐れる外国支配層も、反革命勢力を構成しうる。ロシア十月革命後の内戦・干渉戦争は、これら勢力の合体した反革命であった。日本のシベリア出兵もその一翼を形成した。
 反革命には、革命勢力の台頭局面で事前にこれを弾圧・制圧する「予防的反革命」と、革命権力獲得後に旧体制を復活しようとする「復古的反革命」とがある。ウィーン会議後のメッテルニヒ体制や20世紀のイタリア・ファシズム、ドイツ・ナチズムは、「予防的反革命」の典型であり、「復古的反革命」の例としては、イギリス清教徒革命後のチャールズ2世の復活(1660)、フランス大革命後のブルボン王朝復活(1814)、チリ人民連合政府に対するアメリカと結び付いた軍部クーデター(1973)、東欧革命のなかでのルーマニア・チャウシェスク政権によるティミショアラの虐殺(1989)などがある。
 反革命は革命の反対概念であるから、革命権力の強さと安定度に応じてその成功・不成功の帰趨(きすう)が決せられる。革命勢力の内部の分裂や革命権力の社会的基盤の脆弱(ぜいじゃく)性、とりわけ穏健派を形成する中間勢力への急進派のヘゲモニーと指導の失敗は、反革命の重要な条件となる。この見地からすれば、革命の急進的「行きすぎ」、国民大衆の政治意識や主体的成熟度を顧慮せずに行われる革命プログラムの実行も、反革命の誘因となる。また、革命過程の内発的成熟度、すなわち革命勢力が旧体制下でどれだけ国民的多数派を結集し国家諸装置内部の軍人・警察官・官吏にも政治的思想的ヘゲモニーを行使しえてきたかが、とりわけ外国支配層の干渉と結び付いた反革命に対する抵抗の能力を規定することになる。革命過程では革命勢力内部にも反革命勢力の影響が流入するのは不可避であるが、革命勢力内部の異論者・反対派と反革命勢力とを見誤り「反革命の手先・スパイ」とすることは革命の自殺行為となる。現実の政治過程では内部の反対派が反革命に転化することもありうるのではあるが。
 20世紀の反革命は、一般に「予防的反革命」の性格が強く、ときにはナチズムのような「擬似革命」的相貌(そうぼう)で現れることもある。また大衆的イデオロギー宣伝と情報操作の役割が増大している。[加藤哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の反革命の言及

【反動】より

…そして反動に対する対応策として,前者の暴虐性には政治権力の行使による積極的取締りを,後者に対しては新しい理念と制度の定着を時間をかけてはかるしかないとする。フランス革命後のヨーロッパでは革命と反革命が交錯し,政治的不安定の時期が続くが,そのなかでマルクスとエンゲルスは進歩の概念に対立する概念として反動を定義した。マルクスは歴史を〈革命を媒介とする非連続的な進歩〉としてとらえ,革命に反対する反動こそ進歩への反動であると説く。…

※「反革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

反革命の関連キーワード永続革命論反動暴力革命文化革命五・四文化革命コントラ二段革命チェーカーパリ・コミューン《革命に奉仕するシュルレアリスム》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反革命の関連情報