コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビノボラズ(蛇登らず) ヘビノボラズBerberis sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビノボラズ(蛇登らず)
ヘビノボラズ
Berberis sieboldii

メギ科の落葉小低木。日本特産で,中部地方とまれに九州に野生する。トリトマラズ,コガネエンジュともいう。高さ 50~70cmほどで無毛,とげがある。葉は長倒卵形で先端はとがり,縁には小刺毛が密に並ぶ。葉は節に固まってつき,その下に刺針がある。5月頃に,散形の総状花序を出して黄色の花を数個下向きにつける。萼片と花弁は各6枚,おしべも6本ある。液果はやや球形で,熟すると暗赤色となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android