コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラタケ(篦茸) ヘラタケSpathularia clavata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラタケ(篦茸)
ヘラタケ
Spathularia clavata

子嚢菌類ビョウタケ目テングノメシガイ科。秋に,カラマツなどの針葉樹林の落ち葉の上に群生する。色は淡黄色またはクリーム色。高さ3~5cm。へらのように平らな子実体をつけている。この平らな部分を切ってみると表面に子実層があって子嚢をもっている。分布は汎世界的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android