コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラ神殿 ヘラシンデン

1件 の用語解説(ヘラ神殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘラ‐しんでん【ヘラ神殿】

HeraionΗραίον
ギリシャ、エーゲ海南東部、ドデカネス諸島サモス島にある古代遺跡。同島南東部の港町ピタゴリオンの西方約6キロメートルに位置する。ギリシャ神話の最高女神ヘラの誕生の地とされ、古くからヘラ信仰が盛んだった。紀元前8世紀頃に最初の神殿が建造され、紀元前6世紀に僭主ポリクラテスにより大神殿の造営が進められたが、未完に終わった。現在は巨大な1本の円柱といくつかの遺構があるのみとなっている。1992年に「サモス島ピタゴリオンヘラ神殿」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。イレオヘライオン
ギリシャ、ペロポネソス半島北西部、ゼウスの神域として知られるオリンピアにある神殿跡。ギリシャ神話の最高女神ヘラを祭った。紀元前7世紀に建造され、同国最古の神殿の一つとして知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘラ神殿の関連情報