コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラ神殿 ヘラシンデン

デジタル大辞泉の解説

ヘラ‐しんでん【ヘラ神殿】

HeraionΗραίον
ギリシャ、エーゲ海南東部、ドデカネス諸島サモス島にある古代遺跡。同島南東部の港町ピタゴリオンの西方約6キロメートルに位置する。ギリシャ神話の最高女神ヘラの誕生の地とされ、古くからヘラ信仰が盛んだった。紀元前8世紀頃に最初の神殿が建造され、紀元前6世紀に僭主ポリクラテスにより大神殿の造営が進められたが、未完に終わった。現在は巨大な1本の円柱といくつかの遺構があるのみとなっている。1992年に「サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。イレオヘライオン
ギリシャ、ペロポネソス半島北西部、ゼウスの神域として知られるオリンピアにある神殿跡。ギリシャ神話の最高女神ヘラを祭った。紀元前7世紀に建造され、同国最古の神殿の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヘラ神殿の関連キーワードサモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿オリンピアの古代遺跡ドデカネス[諸島]プラクシテレスポセイドン神殿ポリクレイトスオリンピア遺跡パエストゥムサモス[島]ギリシア美術聖火リレーティリンスオーダーサモス派ペリアスイオ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘラ神殿の関連情報