コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルウェティ族 ヘルウェティぞくHelvetii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルウェティ族
ヘルウェティぞく
Helvetii

古代ケルト人の一部族。ゲルマン人に押されて前2世紀頃ライン川とレマン湖の間の,現在のスイス北西部にあたる地方に南下。その一部は前 111年頃キンブリ族と合流した。前 58年さらにガリア西部へ移住しようとしたが,ガリアの総督ユリウス・カエサルに敗れてスイス地方に押し戻された。帝政期にはローマ属州下に入り,首都アウェンチクムはローマ植民市となり繁栄したが,460年までにブルグンド族アラマンニ族の支配下に入った。ヘルウェティの名は,ナポレオン1世支配下の共和国 (1798~1803) の名と現在スイスの公式名称ヘルウェティアとして残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘルウェティ族の関連キーワードセクアニ族ボイイ人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android