南下(読み)なんか

精選版 日本国語大辞典「南下」の解説

なん‐か【南下】

〘名〙 南へ向かって進むこと。⇔北上
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉矮人巨人「先づ汝を(くびは)ねて、大熊氏(たいいうし)南下の軍の血祭とすべし」 〔史記‐秦始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「南下」の解説

なん‐か【南下】

[名](スル)南へ向かって進むこと。「船は一路南下する」⇔北上
[類語]北上北進東進南進西進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「南下」の解説

【南下】なんか

南に進む。賈誼〔過秦論、下〕乃ち恬(まうてん)をして~匈奴を卻(しりぞ)かしむること七百餘里、胡人敢て南下してを牧せず。

字通「南」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android