ヘルツェグノビ(英語表記)Herceg Novi

デジタル大辞泉の解説

ヘルツェグ‐ノビ(Herceg Novi)

モンテネグロ西部の都市。アドリア海東岸、コトル湾の入口、標高1894メートルのオリェン山の麓に位置する。14世紀にボスニア王トブルトコ1世が築いた要塞に起源する。戦略上の要地であるため、続いてオスマン帝国ベネチア共和国の支配下に置かれた。城壁に囲まれた旧市街には中世の街並みが残されている。海岸保養地として知られるほか、近郊に多くの鉱泉地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android