コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルムホルツ自由エネルギー ヘルムホルツじゆうエネルギーHelmholtz free energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルムホルツ自由エネルギー
ヘルムホルツじゆうエネルギー
Helmholtz free energy

熱力学的関数の1つ。内部エネルギーU ,温度を T ,エントロピーを S とすると,FUTS で定義される。圧力を p ,体積を V とすると,微分形の関係式は dF=-SdTpdV である。断熱系の等温変化での F の増加は,もし変化が可逆的なら,外から系になされた仕事に等しく,不可逆的なら,これより小さい。したがって,内部エネルギー UFTS のうち,F は自由に仕事に変りうる部分ということになるので,H.ヘルムホルツ自由エネルギーと命名した (1882) 。断熱系等温等積のもとにおける平衡の条件は,F が極小になることである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘルムホルツ自由エネルギーの関連キーワードギブズ自由エネルギーエントロピー最小仕事分配関数等温変化状態和

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android