ヘロデ・アンテパス(読み)ヘロデアンテパス

百科事典マイペディア「ヘロデ・アンテパス」の解説

ヘロデ・アンテパス

ギリシア語で正しくはヘロデス・アンティパス。ヘロデ大王の子。父王の死後ガリラヤおよびペレアの領主。妻ヘロデヤ(ヘロディア)にそそのかされたサロメの願いを容れ,バプテスマヨハネを殺させたと伝える。甥(おい)のヘロデ・アグリッパ(アグリッパ1世)に領土を奪われ,ヒスパニアないしガリアに流されて

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android