コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おい オイ

3件 の用語解説(おいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おい

[感]
呼びかけたり、注意を促したりするときに発する語。主に男性が同輩・目下に対して用いる。「おい、待たないか」
呼びかけられて軽く答えるときの語。「おい、合点、承知の助」
やや驚いたときに発する語。おや。おお。
「―、この君にこそ」〈・一三七〉
思いついたときなどに発する語。おお。
「―、さりさりとうなづきて」〈・玉鬘〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おい

( 代 )
一人称。男が同輩や目下の者に用いる。おれ。 「 -とすつぱり切れてくれろ/洒落本・其あんか」 〔現代でも主に西日本の一部で用いられる〕

おい

( 感 )
男性が親しい間柄や目下の人に呼びかけるときに用いる語。 「 -、どこへ行くんだ」
相手の呼びかけに応ずるときに用いる語。はい。 「 -といらへて/読本・弓張月
納得したり思い当たったりしたときに用いる語。おお。 「 -、さり。-、さりとうなづきて/源氏 玉鬘

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おいの関連情報