コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おい オイ

3件 の用語解説(おいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おい

[感]
呼びかけたり、注意を促したりするときに発する語。主に男性が同輩・目下に対して用いる。「おい、待たないか」
呼びかけられて軽く答えるときの語。「おい、合点、承知の助」
やや驚いたときに発する語。おや。おお。
「―、この君にこそ」〈・一三七〉
思いついたときなどに発する語。おお。
「―、さりさりとうなづきて」〈・玉鬘〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おい

( 代 )
一人称。男が同輩や目下の者に用いる。おれ。 「 -とすつぱり切れてくれろ/洒落本・其あんか」 〔現代でも主に西日本の一部で用いられる〕

おい

( 感 )
男性が親しい間柄や目下の人に呼びかけるときに用いる語。 「 -、どこへ行くんだ」
相手の呼びかけに応ずるときに用いる語。はい。 「 -といらへて/読本・弓張月
納得したり思い当たったりしたときに用いる語。おお。 「 -、さり。-、さりとうなづきて/源氏 玉鬘

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おいの関連キーワードえいえいこらこらこらこれ其其そりゃやいやい嗚呼しし申し呼掛ける

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おいの関連情報