コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おい オイ

デジタル大辞泉の解説

おい

[感]
呼びかけたり、注意を促したりするときに発する語。主に男性が同輩・目下に対して用いる。「おい、待たないか」
呼びかけられて軽く答えるときの語。「おい、合点、承知の助」
やや驚いたときに発する語。おや。おお。
「―、この君にこそ」〈・一三七〉
思いついたときなどに発する語。おお。
「―、さりさりとうなづきて」〈玉鬘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おい

( 代 )
一人称。男が同輩や目下の者に用いる。おれ。 「 -とすつぱり切れてくれろ/洒落本・其あんか」 〔現代でも主に西日本の一部で用いられる〕

おい

( 感 )
男性が親しい間柄や目下の人に呼びかけるときに用いる語。 「 -、どこへ行くんだ」
相手の呼びかけに応ずるときに用いる語。はい。 「 -といらへて/読本・弓張月
納得したり思い当たったりしたときに用いる語。おお。 「 -、さり。-、さりとうなづきて/源氏 玉鬘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おいの関連キーワードあいおいニッセイ同和損害保険おい・めい(甥・姪)サブルーチン吊るし切り細川昭元妻土屋老平追証拠金宮負定雄馬追丘陵承知の助寝かし物笈田勝弘松前追分騙し討ち老松町追分町汐入町中老田小池町不老水

おいの関連情報