おい

精選版 日本国語大辞典「おい」の解説

おい

〘感動〙
① なにかを思いついた時などに発することば。→おいや
※枕(10C終)一三七「御簾(みす)をもたげてそよろとさし入るる、呉竹なり『おい、この君にこそ』といひわたる」
② 注意をうながす時に発することば。
※今昔(1120頃か)二八「此事聞き持(たも)てや、をゐ」
③ 承諾の意を表わすことば。
※歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)序幕「あの権八が立退けばよいが、〈略〉、おいと言って落ちはせまい」
④ 相手、特に同輩、目下などに呼び掛ける時のことば。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)四「ヲイ眼公、マアみんなを呼ばっし」

おい

〘代名〙 自称。同輩や目下に用いる。おれ。
※洒落本・其あんか(1786)其二階「おいとすっぱり切れてくれろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「おい」の解説

おい

[感]
呼びかけたり、注意を促したりするときに発する語。主に男性が同輩・目下に対して用いる。「おい、待たないか」
呼びかけられて軽く答えるときの語。「おい、合点、承知の助」
やや驚いたときに発する語。おや。おお。
「―、この君にこそ」〈・一三七〉
思いついたときなどに発する語。おお。
「―、さりさりとうなづきて」〈玉鬘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android