コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘローナのカテドラル ヘローナのカテドラル

1件 の用語解説(ヘローナのカテドラルの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘローナのカテドラル【ヘローナのカテドラル】

スペイン東部のカタルーニャ州の州都バルセロナ(Barcelona)北方約100kmに位置する、ヘローナGerona、カタルーニャ語ではジローナ)の旧市街にある大聖堂(カテドラル)。ヘローナ駅から約1.5km、徒歩で20分ほどの場所にある。11世紀ごろにつくられた聖堂で、以後18世紀ごろまで増築や改築が繰り返されたことから、ロマネスク様式の回廊、バロック様式のファザード、ゴシック様式の側廊など、いろいろな時代の建築様式が入り交じっている。この中で、12世紀につくられた回廊は、カタルーニャで最も美しい回廊といわれている。宝物館(博物館)が併設されていて、11世紀後半の作とされるヨーロッパ最古の刺繍(ししゅう)品であるタペストリー天地創造の刺繍布」や10世紀のベアトゥス写本など、たいへん貴重な収蔵品が展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘローナのカテドラルの関連キーワードカタルーニャカタルーニャ音楽堂カタルーニャ広場コスタドラダサンジャウマ広場バルセロナ大聖堂バルセロネータモンジュイックモンセラートランブラス通り

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone