コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘローナのカテドラル ヘローナのカテドラル

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘローナのカテドラル【ヘローナのカテドラル】

スペイン東部のカタルーニャ州の州都バルセロナ(Barcelona)北方約100kmに位置する、ヘローナ(Gerona、カタルーニャ語ではジローナ)の旧市街にある大聖堂(カテドラル)。ヘローナ駅から約1.5km、徒歩で20分ほどの場所にある。11世紀ごろにつくられた聖堂で、以後18世紀ごろまで増築や改築が繰り返されたことから、ロマネスク様式の回廊、バロック様式のファザード、ゴシック様式の側廊など、いろいろな時代の建築様式が入り交じっている。この中で、12世紀につくられた回廊は、カタルーニャで最も美しい回廊といわれている。宝物館(博物館)が併設されていて、11世紀後半の作とされるヨーロッパ最古の刺繍(ししゅう)品であるタペストリー「天地創造の刺繍布」や10世紀のベアトゥス写本など、たいへん貴重な収蔵品が展示されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android