コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベアーワル Beāwar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベアーワル
Beāwar

インド北西部,ラージャスターン州中部の町。アジメール南西約 58kmに位置。かつてはナヤーナガルとも呼ばれ,1835年の建設後,ウダイプル,ジョドプル両市の中間の町として急速に発展。綿工業,手織物,木彫などの工業がある。ラージャスターン大学のカレッジがある。人口 10万 5357 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android