コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベギン会館 ベギンかいかん

1件 の用語解説(ベギン会館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベギンかいかん【ベギン会館】

ベルギー北西部、ウェストフランデレン州の州都ブリュージュを代表する歴史的建造物。ブリュージュ駅から徒歩約12分、同市街中心部の市庁舎の南約1kmに位置する。ベギン会は、12世紀のフランドル地方で発足した、修道院には属さない敬虔(けいけん)なカトリックの女性信者の共同体で、ベギーヌと呼ばれた同会所属の女性たちが共同生活を送った建物である。◇アントワープにかぎらず、リール(Lier)、ディースト(Diest)、コルトレイク(Kortrijk)など同国北西部のフランドル地方の各地にベギン会館が点在している。ブリュージュのベギン会館はその中でも最大のもので、1245年に、この一帯を治めていたフランドル泊の夫人によってつくられた、集合住宅、学校や病院の入った建物である。この建物は1928年にベネディクト修道会に買い取られて、同修道会の修道女が生活を送る女子修道院となった。1988年まで修道院として使用されてきたが、現在はルーベンカトリック大学の所有する建物で、同大学の宿舎などとして使用されている。敷地内には教会や博物館がある。世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone