コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッケ線 Becke line

法則の辞典の解説

ベッケ線【Becke line】

鉱物の屈折率を調べるための試験法で,屈折率既知の液体に鉱物粉末を浸し,顕微鏡で観察する.鉱物と液体の境界面上に輝線が現れる.この線がベッケ線である.鏡筒を上方向に動かすと,ベッケ線は屈折率の高いほうへ移動する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のベッケ線の言及

【液浸法】より

…微小な試料の場合は,試料を液体に浸し,透過光を顕微鏡で観察する。この場合には屈折率に差があると試料の輪郭に沿ってベッケ線と呼ばれる明るい線が見え,また試料と液体の屈折率が一致すると輪郭が見えなくなる。試料が結晶で,その方位がわかっている場合は,試料照明光に偏光を使うことによって常光線および異常光線に対する屈折率も測定できる。…

※「ベッケ線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベッケ線の関連キーワード液浸法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android