鏡筒(読み)キョウトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐とう キャウ‥【鏡筒】

〘名〙 望遠鏡、顕微鏡などの光学器械で、対物レンズと接眼レンズを支持し、焦点を調節するための筒。鏡胴。
※夜の培養者(1968)〈中薗英助〉終章「顕微鏡の鏡筒に近づいて、眼をあてた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡筒の関連情報