コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッコウタケ(鼈甲茸) ベッコウタケFomitopsis cytisina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッコウタケ(鼈甲茸)
ベッコウタケ
Fomitopsis cytisina

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。サクラ,ニセアカシアなどの広葉樹の根株上に重なり合って生える。キノコは無柄,傘は半円形貝殻状。横につくと不整形になる。長径は5~20cm,厚さ 0.5~1.5cm。表面は硬い殻となり,初め卵黄色,のちに黄褐色または栗褐色。浅い環紋と放射状の溝がある。下面はコルク質の材木色で,のち灰色または灰褐色となる。細かな円形の孔が密に並ぶ。胞子は無色。北海道,本州,九州に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android