ベネスティアーノ カランサ(英語表記)Venustiano Carranza

20世紀西洋人名事典の解説

ベネスティアーノ カランサ
Venustiano Carranza


1859.12.29 - 1920.5.20.(5.21.説あり)
メキシコの政治家。
元・メキシコ大統領。
コアウイラ州クアトロ・シェネガス生まれ。
大地主の息子として生まれ、イエズス会学校、メキシコの国立高等学校で学ぶ。ディアス独裁期においては反ディアス派の有力政治家であり、メキシコ革命勃発の際はマデロ蜂起に参加。’11年革命の勝利と共にコアウィラ州知事に選ばれ、マデロ大統領が暗殺されたウェルタ将軍のクーデターを撃退。’15年臨時大統領となり、’17年新憲法制定と共に共和国大統領となる。’20年任期が終了し、後継者争いでオブレゴン将軍が反乱を起こし、プエブラ州山中で暗殺された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android