コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス Benedictus Polonus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス
Benedictus Polonus

13世紀のミノリト (フランシスコ会系「小さき兄弟」) 修道会士,アジア旅行家。 G.カルピニとともにモンゴルに旅行し,旅行記"De Itinere Fratrum Minorum ad Tartaros"を著わした。

ベネディクツス
Benedictus

ミサ通常式文の「サンクツス」の一部。「主の御名によって来給う御者は,祝されよ」。ミサ曲の作曲にあたっては,壮麗なサンクツスとは分離して,抒情的神秘的な雰囲気の曲に作られることが多い。

ベネディクツス

ザカリヤの頌」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベネディクツスの関連キーワードヨハネス15世(16世)ヨハネス19世(20世)ベネディクツス11世ベネディクツス14世ベネディクツス10世ベネディクツス9世アレクサンデル5世コンスタンツ公会議ボニファチウス9世グレゴリウス12世ベネディクツス7世ボニファチウス7世ベネディクツス5世シルウェステル3世グレゴリウス6世ウィンケンチウスクレメンス2世ヨハネス23世アナスタシウスクレメンス8世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android