ベネディクツス(英語表記)Benedictus Polonus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス
Benedictus Polonus

13世紀のミノリト (フランシスコ会系「小さき兄弟」) 修道会士,アジア旅行家。 G.カルピニとともにモンゴルに旅行し,旅行記"De Itinere Fratrum Minorum ad Tartaros"を著わした。

ベネディクツス
Benedictus

ミサ通常式文の「サンクツス」の一部。「主の御名によって来給う御者は,祝されよ」。ミサ曲の作曲にあたっては,壮麗なサンクツスとは分離して,抒情的神秘的な雰囲気の曲に作られることが多い。

ベネディクツス

ザカリヤの頌」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android