コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベビー・ロケット ベビー・ロケットbaby rocket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベビー・ロケット
baby rocket

東京大学生産技術研究所が,ペンシル・ロケットに次いで開発した2段式ロケット。長さ 1.24m,直径 8cm,重さ 10.3kgほどのもので,1955年8月 23日秋田県道川海岸で初めて発射され,最高高度 5kmに達した。同年 11月までに計 12機が発射された。国際地球観測年の本番観測用につくられたカッパ型ロケット (→カッパ・ロケット ) の先駆である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベビー・ロケットの関連キーワード糸川英夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android