コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際地球観測年 こくさいちきゅうかんそくねんInternational Geophysical Year; IGY

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際地球観測年
こくさいちきゅうかんそくねん
International Geophysical Year; IGY

普通,1957年7月1日から 58年 12月 31日までの 18ヵ月間をさし,その期間中に行われた,地球物理学現象についての国際協同観測事業をいう。国際学術連合会議により組織された。従来,地球の両極地方の研究のため行われてきた国際極年と称する協同観測事業の観測対象を全地球およびその周辺に拡大したもの。地震,重力氷河気象海洋地磁気オーロラ,大気光,電離層宇宙線放射能太陽活動などがその対象。ロケット人工衛星が手段として,また対象として扱われ,南極観測が大規模に行われたのがその特徴。また,太陽活動は,極大の時期にあたっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ちきゅうかんそくねん〔‐チキウクワンソクネン〕【国際地球観測年】

International Geophysical Year》気象・地磁気・極光と夜光電離層・太陽活動・宇宙線・経緯度などの地球物理現象について、国際協力により全地球的観測が行われた年。国際極年から発展したもので、1957~58年に実施。IGY

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国際地球観測年【こくさいちきゅうかんそくねん】

1957年7月―1958年12月に世界64ヵ国により行われた全地球的地球物理現象の共同観測事業。International Geophysical Yearの訳。
→関連項目地球物理学南極観測南極条約マクマード基地ミールヌイ基地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいちきゅうかんそくねん【国際地球観測年 International Geophysical Year】

略称IGY。64ヵ国が参加して地球物理現象の共同観測を実施した,1957年7月から58年12月までの期間のこと。観測項目は,気象,地磁気,夜光およびオーロラ,電離層,太陽活動,宇宙線,緯度および経度,氷河,海洋,ロケットおよび人工衛星による諸観測,地震,重力,放射能など多岐にわたり,バン・アレン帯の発見,海底地殻熱流量の測定,海洋における深層流の測定など多大の成果をおさめた。日本も日本学術会議を中心に,南極観測をふくむほとんどすべての項目に参加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくさいちきゅうかんそくねん【国際地球観測年】

国連の定める国際年の一。地球物理現象の国際共同観測が行われた1957年(昭和32)7月から58年12月までの期間。日本も昭和基地を設けて南極観測を始めた。 IGY 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際地球観測年
こくさいちきゅうかんそくねん
International Geophysical Year

1957年7月1日から1958年12月31日までの1年半にわたって行われた国際共同の地球物理現象観測事業(略称IGY)。もともと、極地を中心とする気象、地磁気などの共同観測を目的とする国際極年(International Polar Year、略称IPY)という国際共同観測が、第1回は1882~1883年、第2回は1932~1933年と50年ごとに行われており、第3回は1982~1983年が予定されていたが、第二次世界大戦後の学問の急速な発展を考えて、25年目に繰り上げようということになった。ところが計画が進むうちに、極地ばかりでなく全地球を対象としよう、また観測項目もなるべく多くの現象を対象にしようと、どんどん規模が大きくなっていった。このために、名称も国際地球観測年と改め実施されることになった。全体の計画は国際学術連合会議(ICSU、現・国際科学会議)が統括し、それに60か国以上が参加し、極光(オーロラ)、気象、海洋、氷河、地震、重力、地磁気、宇宙線など、地球物理のほぼすべての分野にわたる観測が実施された。
 この頃はまだ東西冷戦の真っただ中であり、国際的な共同研究などは非常に困難な時代であったが、主要国がほぼすべて参加することになったIGYのためにさまざまな共同観測が実現した意義は非常に大きかった。またこの期間内に、ソ連が史上初の人工衛星スプートニクを打ちあげ、アメリカも翌年にはエクスプローラを人工衛星軌道に乗せることに成功して、宇宙空間の観測が開始されたことは特筆すべき成果である。さらに、南極大陸における各国の観測事業も国際地球観測年が契機となったものが多く、日本も1957年(昭和32)から昭和基地を設けて南極観測事業を開始した。昭和基地での観測はそれ以来今日までずっと続けられ、南極上空のオゾンホールの発見など、多くの科学的成果をあげている。
 このIGYの成功により、その後も多くの国際共同観測事業が実施されるようになった。固体地球関係では、1960年代に国際地球内部開発計画(International Upper Mantle Project、略称UMP)、1970年代に国際地球ダイナミクス計画(International Geodynamics Project、略称GDP)、1980年代に国際リソスフェア探査開発計画(International Lithosphere Project、略称ILP)などが実施されている。[河野 長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国際地球観測年の言及

【宇宙開発】より

… 宇宙開発は,本来の意味からすると人間の宇宙空間および天体の利用であるが,これまでの経過をふりかえると,そのための技術の開発,すなわち人工衛星とロケットの開発と解釈される傾向があり,一般にはとくに両者を区別することなく,人間の宇宙への進出の活動全体を宇宙開発と解釈しているようである。宇宙飛行人工衛星ロケット
【宇宙への進出】
 宇宙開発が大きな課題として認識されるようになったのは,1957年に始まった国際地球観測年を契機としてであり,ここにおいて全世界的な事業として宇宙空間の観測を主とするこの分野の研究が取り上げられた。そして具体的に人類の宇宙への進出の第一歩となったのは,この期間の57年10月4日にソ連(現ロシア)が打ち上げた人類初の人工衛星スプートニク1号であり,初めて人工衛星による地球の周辺の空間の観測が行われた。…

【南極】より

…氷床の平均氷厚は約2450mで,平均標高は2300m,内陸では4000m以上に達する所もある。南極大陸の地形や地質に関する知識は1957‐58年の国際地球観測年を契機として急増しつつある。氷床の形態については,地上,航空機,人工衛星からの調査でその様相が明らかになりつつあるが,内陸部では未知の部分も多い。…

※「国際地球観測年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際地球観測年の関連キーワードバード(Richard Evelyn Byrd)チャップマン(Sydney Chapman)国際測地学地球物理学連合ベーカー=ナン・カメラシドニー チャップマンマリー・バード・ランド太陽活動期国際観測年国際地球内部開発計画国際静穏太陽観測年国際地球観測協力年マルコビッチカメラV. シャロノフベビー・ロケットフィルヒナー棚氷第1次南極観測隊マクマード入江ピーター1世島国立極地研究所バン・アレン帯日本の南極観測

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際地球観測年の関連情報