コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルフォール特別区 ベルフォールBelfort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルフォール〔特別区〕
ベルフォール
Belfort

フランス東部,県に準じる行政区画。中心都市ベルフォール。旧アルザス州のオーラン県の一部であったが,アルザス=ロレーヌ地方がドイツに割譲された際 (1871~1919) ,同県から分割されてフランスに残された。北はボージュ山脈南斜面,南はスイス国境ジュラ山脈北端にはさまれた幅 24~32kmの陥没地は,ライン河谷と中部フランスを結ぶ交通の要地で,ブルゴーニュの門と呼ばれ,古くから軍事上の重要な関門となってきた。現在もローヌ=ライン運河,鉄道,主要道路が通じている。ベルフォールを中心として電機・繊維・金属工業が盛ん。面積 609km2。人口 13万 4097 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android