関門(読み)カンモン

デジタル大辞泉の解説

かん‐もん〔クワン‐〕【関門】

関所の門。また、関所。
目的を達するのに突破しなければならない難所。また、突破するのが困難な所。「入試の関門を突破する」

かん‐もん【関門】[地名]

山口県下関市と、福岡県北九州市門司区関門海峡に隔てられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんもん【関門】

関所の門。また、関所。
通過するのに困難を伴うところ。 「入試の-を突破する」

かんもん【関門】

山口県下関市と福岡県北九州市門司もじ区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐もん クヮン‥【関門】

[1] 〘名〙
関所の門。土地境に立つ門。関の戸。
凌雲集(814)和左衛督朝臣嘉通秋夜寓直周廬聴早雁之作〈嵯峨天皇〉「絶域伝書全漢信、関門表弓守胡戎」 〔魏徴‐述懐詩〕
② 関所。せき。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔周礼‐地官・司関〕
③ 通過するのがむずかしい所。突破するために種々の困難が伴うもの。
思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉九「遠慮の関門を吹き飛ばしてしまったのである」
相場の単位の大台。たとえば相場が九八~九九円を上下しているとき、一〇〇円の称。〔新聞語辞典(1933)〕
⑤ 胃系の腹部の灸点
俳諧・広原海(1703)五「串門を破る灸所は医の武辺」
[2] 関門海峡を隔てて相対する、下関と門司との併称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関門の関連情報