コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンジャミンゴム Ficus benjamina; benjamin tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンジャミンゴム
Ficus benjamina; benjamin tree

クワ科の常緑高木で,中国大陸からインドにかけての熱帯アジア原産。インドゴムノキなどと同属 (イチジク属) で,観葉植物として広く栽培される。原産地では大きく樹冠を張り,気根 (支柱根) を無数に垂らして生長するので,1本で直径数十mもの森のようになる。幹は淡褐色。葉は互生し,革質の楕円形で長さ3~10cm,インドゴムノキの葉よりずっと小型で薄い。鉢植として栽培するときは,根もとで2~3本を縄のようにからませることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android