薄い(読み)ウスイ

デジタル大辞泉の解説

うす・い【薄い】

[形][文]うす・し[ク]
厚みが少ない。「板を―・く削る」⇔厚い
物の濃度や密度などが少ない。
㋐色や光などが濃くない。「―・い紅色」⇔濃い
㋑雲・液体などの密度、濃度が高くない。「―・い霧」「―・い紅茶」⇔濃い
㋒味があっさりしている。「塩味が―・い」⇔濃い
㋓物の密度が低い。まばらである。「頭髪が―・くなった」⇔濃い
物事の程度がはなはだしくない。
㋐気持ち・感情の度合いが弱い。「情が―・い」「感銘が―・い」
㋑利益が少ない。「利鞘(りざや)が―・い」
㋒病気などの症状が軽い。「痛みが―・い」
㋓関係などが浅い。「なじみが―・い」「縁が―・い」
㋔可能性があまりない。「当選する見込みは―・い」⇔濃い
㋕財産がとぼしい。
「身のまはりは―・し」〈鳩翁道話・二〉
囲碁で、石の配置のしかたが堅固でない。⇔厚い
芸能界・興行界で、客の入りが悪い。また、ふところぐあいが寂しい。
[派生]うすげ[形動]うすさ[名]うすみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うすい【薄い】

( 形 ) [文] ク うす・し
物の厚みが少ない。 ⇔ 厚い 「 - ・い板」 「 - ・い唇」
物の濃度・密度が小さい。 ⇔ 濃い
色・味・光・影などが濃厚でない。 「 - ・いピンク」 「 - ・い塩味」 「 - ・い日差し」 「 - ・い影」
まばらである。すき間が多い。 「 - ・い髪の毛」
液体状のものについて、濃度が低い。 「 - ・い牛乳」
気体状のものについて、濃度が低い。 「 - ・い煙」 「 - ・い霧」
物事の程度が弱い。
情愛・関心・感銘などの気持ちが浅い。 「愛情が-・い」 「印象が-・い」 「関心が-・い」
利益・効果・恩恵などが少ない。 「儲もうけが-・い」 「効き目が-・い」
つながりが深くない。関係が浅い。 「縁が-・い」 「かかわりが-・い」
(存在感などが)希薄だ。 「影が-・い」
思慮・学識が乏しい。 「たどり-・かるべき女方にだにみな思ひおくれつつ/源氏 若菜下
経済的に恵まれない。貧しい。 「 - ・き身上しんしようの者なれども/仮名草子・東海道名所記」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄いの関連情報