コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄い ウスイ

デジタル大辞泉の解説

うす・い【薄い】

[形][文]うす・し[ク]
厚みが少ない。「板を―・く削る」⇔厚い
物の濃度や密度などが少ない。
㋐色や光などが濃くない。「―・い紅色」⇔濃い
㋑雲・液体などの密度、濃度が高くない。「―・い霧」「―・い紅茶」⇔濃い
㋒味があっさりしている。「塩味が―・い」⇔濃い
㋓物の密度が低い。まばらである。「頭髪が―・くなった」⇔濃い
物事の程度がはなはだしくない。
㋐気持ち・感情の度合いが弱い。「情が―・い」「感銘が―・い」
㋑利益が少ない。「利鞘(りざや)が―・い」
㋒病気などの症状が軽い。「痛みが―・い」
㋓関係などが浅い。「なじみが―・い」「縁が―・い」
㋔可能性があまりない。「当選する見込みは―・い」⇔濃い
㋕財産がとぼしい。
「身のまはりは―・し」〈鳩翁道話・二〉
囲碁で、石の配置のしかたが堅固でない。⇔厚い
芸能界・興行界で、客の入りが悪い。また、ふところぐあいが寂しい。
[派生]うすげ[形動]うすさ[名]うすみ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすい【薄い】

( 形 ) [文] ク うす・し
物の厚みが少ない。 ↔ 厚い 「 - ・い板」 「 - ・い唇」
物の濃度・密度が小さい。 ↔ 濃い
色・味・光・影などが濃厚でない。 「 - ・いピンク」 「 - ・い塩味」 「 - ・い日差し」 「 - ・い影」
まばらである。すき間が多い。 「 - ・い髪の毛」
液体状のものについて、濃度が低い。 「 - ・い牛乳」
気体状のものについて、濃度が低い。 「 - ・い煙」 「 - ・い霧」
物事の程度が弱い。
情愛・関心・感銘などの気持ちが浅い。 「愛情が-・い」 「印象が-・い」 「関心が-・い」
利益・効果・恩恵などが少ない。 「儲もうけが-・い」 「効き目が-・い」
つながりが深くない。関係が浅い。 「縁が-・い」 「かかわりが-・い」
(存在感などが)希薄だ。 「影が-・い」
思慮・学識が乏しい。 「たどり-・かるべき女方にだにみな思ひおくれつつ/源氏 若菜下
経済的に恵まれない。貧しい。 「 - ・き身上しんしようの者なれども/仮名草子・東海道名所記」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薄いの関連キーワードジンジャースナップ炬燵掛け・炬燵掛クリーム色薄べったい砥の粉色退紅色萱草色薄墨色水浅葱精げ鉋熨斗縮煙水晶小冊子千草色煎茶色浅蘇芳退黄色霞色薄地水色

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄いの関連情報