コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支柱根 シチュウコン

デジタル大辞泉の解説

しちゅう‐こん【支柱根】

地上にある幹や枝から出て地中に入り、支柱のような形態になった根。タコノキマングローブなどにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しちゅうこん【支柱根】

気根の一種。茎の地上部から伸びて地中に入り、茎を支持する根。トウモロコシ・タコノキ・ヒルギなどにみられる。支柱気根。柱根。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支柱根
しちゅうこん

地上茎から生じた不定根が垂下して地中に入り、吸収器官という根の本来の働きのほかに、地上茎を支える働きをするものをいう。太い棒状や紐(ひも)状の形態をとる。トウモロコシ、タコノキ、インドゴムノキ、アコウ、ガジュマル、オヒルギなどでみられる。[西野栄正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支柱根の関連情報