コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支柱根 シチュウコン

大辞林 第三版の解説

しちゅうこん【支柱根】

気根の一種。茎の地上部から伸びて地中に入り、茎を支持する根。トウモロコシ・タコノキ・ヒルギなどにみられる。支柱気根。柱根。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支柱根
しちゅうこん

地上から生じた不定根が垂下して地中に入り、吸収器官という根の本来の働きのほかに、地上茎を支える働きをするものをいう。太い棒状や紐(ひも)状の形態をとる。トウモロコシ、タコノキ、インドゴムノキ、アコウ、ガジュマル、オヒルギなどでみられる。[西野栄正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

支柱根の関連キーワードヤエヤマヒルギ(八重山蛭木)アダン(タコノキ科)ベンジャミンゴムインドゴムノキヒルギ(漂木)バンヤンノキガジュマル根(植物)熱帯植物ヒルギアコウ阿檀柱根

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android