支柱根(読み)しちゅうこん

日本大百科全書(ニッポニカ)「支柱根」の解説

支柱根
しちゅうこん

地上から生じた不定根が垂下して地中に入り、吸収器官というの本来の働きのほかに、地上茎を支える働きをするものをいう。太い棒状や紐(ひも)状の形態をとる。トウモロコシタコノキ、インドゴムノキ、アコウガジュマルオヒルギなどでみられる。

[西野栄正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「支柱根」の解説

しちゅう‐こん【支柱根】

〘名〙 植物の気根の一型。地上部から出、分岐しないで地中にはいり、茎の支えとなる根。タコノキ、トウモロコシ、ガジュマルなどがその例。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android